航空無線のページ

お迎えに行ってきたので、関空のATC。翌日から滑走路が2本になる日です。 2007-08-01
リクエストに答えて、日本のATCを少々(未編集です) 2007-07-20 & -24
サンディエゴ国際空港ページを作りましたので、見てやってください。
 (2007-07-11)


本編  Mongomery Field, San Diego, CA, USA  
ATIS Information Y  2007-01-11 mp3 174KB
ちょっと天候の悪い日のATISです。 周辺地域でAIRMETが出ているとも言っています。
航空無線(Airband Scanner)を購入して、初めてアメリカで録音した物です。

取り合えず、10分ほどの音声です。 1.68MB
Montgomery Tower 2007-01-11 

ASOS (2007-03-01)
Automeated Surface Observing System, METAR
自動で地表での気象観測等を行う装置です。
観測も刻々と代わり全米のMETARの元になってます。
Montogomeryにもあるので、一度聞いてみてください。
ATISは航空管制の補助、ASOSはMETARの元になっています。


Montogomery Tower 2007-01-11 3時間スペシャル。 41.2MB

2007-04-14


ATIS集
 

2007-04-16に大阪の通天閣の展望台で色々な物を一時間ほど録音してきました。

関西空港 ATIS Information B
関西空港 ATIS Information C
伊丹空港(大阪) ATIS Information N
伊丹空港(大阪) ATIS Information O
神戸空港 ATIS Information K

上記にも含まれていますが、2007年4月14日の南カリフォルニアATIS
MYF: India Kilo
Brown Field: Whisky



Mc Clellan - Palomar (CRQ) Airpot
ATIS information Delta (03-09-2007, MP3 - 205KB )


ここのATISは、最後の部分で、新しい交信方法が使われてると言いっています。
"a New Taxi into the position and hold procedure is now in effect.
Position an hold is not available...." (その部分だけ聞く。 減速バージョンを聞く。
日本の"line-up and wait"では無さそうですけど、滑走路上の衝突防止策として取り入れられています。

これが、新しい交信方法です。 (PDF from FAA. 25 KB)
Taxi into Position and Hold (TIPH): Guidance for Pilots (2007-02-05) f

新しい交信方法の大きな変更は
Key changes include the following: 、
1. ATC will normally withhold landing clearances on a runway while another aircraft is holding on the same runway.
  同じ滑走路上にに離陸機が待機している場合、着陸中の飛行機にはLanding Clearanceを出さない。
2. ATC will issue traffic advisories to aircraft holding in position and to aircraft holding, departing, or arriving on an intersecting runway.
  滑走路上で待機している航空機と、 交差する滑走路を使用中の航空機にもTraffic Advaisoryを出すようになりました。

パイロットとしては、管制塔より滑走路上で待機中でもアドバイザリーが与えられ、より安全になった訳ですが、、、、
管制官の仕事が増えた訳でもあるので、良し悪しは 今の所不明ですね。
Holding中でも状態が良く分かる様になったのは事実ですが、Towerが大変ですね。

Palomar Towerはそれに対抗したのか "Position and Hold" 自体を辞めたようですね。
内情は不明ですけども。


番外編 LAX:ロサンジェルス国際空港

ATIS X-ray 343KB 夕方頃の情報です。
Wind Shear Advisoryなど悪天候もある事を言ってました。
風は14ノットですが、この日は風がきつい日でしたね。
大きな空港だと思ったのは、「Transponder Code以外はRead Backするな」ですね。


LAX Tower 6.1MB 約30分。
元々、ノイズは少ないので、ノイズはそのままです。
Tower自体はそんなに忙しくも無かったので、実際には倍ぐらいの無音の時間がありますが、編集でカットさせて頂きました。
この様な空港では、パイロットのレベルも高いでしょかが、
アプローチコントロールが上手くコントロールしているのでか、小さな空港より落ちついた交信となっています。

まだまだ他にも録音したので、また今度にでもUPします。
リクエストがあれば早目にもしますので、掲示板を活用してください。



番外編 関西空港
  アメリカで教官までなった私ですが、何を言ってるのか、分からない部分が多いです。
慣れてくれば理解は出来ると思うのですが、外国のパイロットの英語力にも関心です。

ATIS Lima (2007-01-19) mp3 181KB
アメリカとは少々違いますよ。何か機械的なんで、自動作成かも。

Tower (Line Up and Wait)  .mp3 33KB
..Taxi into position and hold の方が絶対理解しやすいと思うんだけどね、、最近日本では変わったみたい。

関空からの出発 (2007-01-11、上のよりちょっと前) mp3 2.74MB 約12分ほど
 アメリカ出張の際に録音した航空無線です。 私が利用した便はユナイテッド886便。
ユナイテッドではサービスで航空無線を聞く事が出来ます。それを録音しました。
ただ機内放送がある場合は、中断されてしまうので、その部分は編集で削除しました。
また空白があったので、それも多く削除しています。実際はもう少し暇で、倍ぐらいの時間です。



ATIS編にもありましたが、
2007-04-17に大阪の通天閣の展望台で色々な物を一時間ほど録音してきました。
大阪のATCを聞いてみてくd歳。